洗顔料として使える固形石けん「白雪の詩」

 

 

最近は、合成界面活性剤の弊害が広く知れ渡るようになり、無添加・オーガニックを謳っているコスメ商品やヘアケアグッズもいろいろと出回っています。実際、経皮毒についての書籍など読み知識を得ると、合成界面活性剤や防腐剤その他いっぱいの商品はとても使う気がしなくなってしまいます。そのようなことから、無添加商品を選ぶようになった人も少なからずいるでしょう。
その一方で、それら無添加商品の使い心地や化粧品としての本来の効果などに今ひとつ疑問を抱いて、無添加コスメデビューができない人もいるかもしれません。使用感など、特に直接肌につける化粧品の類は、ひとりひとり相性が違うということもあるので、やはり自分で試してみることがいちばんではあります。
 
 

 

けれども実際使ってみると、意外と通常の商品と比べて違和感なく使えることに驚く人も多いはずです。例えば「白雪の詩」という無添加せっけんがあります。これは、余計な添加物の一切含まれない純石けんで、頭のてっぺんから爪先まで、また洗濯はもちろん食器などありとあらゆる物を洗うことに使えます。
この固形石けんで洗顔すると、全く何の不都合もなく使えてメーク落としも要らないくらいです。他の洗顔料と使用感など遜色なく、しかも成分が安心で肌に良いことは確実なのですから、それならわざわざ合成界面活性剤入りの洗顔料を使う理由はありません。

 

合成界面活性剤の害は日々目に見えるというものではないだけに、意識としてもっているかどうかが大切です。意識していれば、毎日肌に悪影響を及ぼす恐れのない合成界面活性剤不使用の洗顔料や基礎化粧品、メークアップ用品、そしてシャンプー、ヘアケア用品を使って安心したいと思うものです。
基礎化粧品など無添加ものは効果がないのではと思われがちですが、実は余計な添加物は肌のためにいろいろ入っている有効成分の効果を失わせているとも言われています。コスメの添加物チェックから、はじめてみるのもおすすめです。

 

どんな噂や口コミよりも自分で確かめるのが一番!ですが、気になる方はまずはココを参考にしてみて!