無添加商品の使用感はあまり良いものではないが安全

無添加商品の使用感はあまり良いものではないが安全

 

私は以前、親戚の方に人体に悪影響を与える界面活性剤のことを教わりました。それまでは名前も知らなかったくらいですが、今では商品を買うにあたり必ず表示成分をチェックしてから購入しています。

 

私が使用しているシャンプーとトリートメントは、「無添加時代」というものです。勿論界面活性剤無添加と表示されています。
使用感の特徴としては、普通にシャンプーすることに問題はありませんがお湯ですすいだ後、髪の毛がとてもきしみます。その後のトリートメントで状態はよくなりますが普通のシャンプーと比較すると、使用感は決して良いものとは言えません。カラーやパーマなどで髪の毛の痛みが激しい方には、余計にきしみを感じるかと思います。しかしながら界面活性剤不使用ということは、頭皮と頭皮を通じて入ってくる毒薬の危険にさらされる心配はないのです。界面活性剤の入った商品を使用することで、すぐさま体に何か影響が出るということではありません。長年使用することにより、何らかの影響があるのです。発がん性やアレルギー体質など、まさに現代病へのほんのわずがな原因にもなりかねないのです。

 

 

私はメイク落としや洗顔料に対しても、界面活性剤の入った商品が多いことを知っています。ですので、COWブランドか固形石鹸を使用しています。固形石鹸といっても、表示成分に「石ケン素地」のみが書かれた無添加のものに限定しています。香りやお肌へのしっとり感はありませんが、いたってトラブルはなく肌は健康なのです。
 
界面活性剤を含め、表示指定成分が含有されている商品を長年使うことでお肌のトラブルが起こる人もいると思います。高い商品だから、沢山の美容に関わる成分が入っているから綺麗になるという考えはもう古いのです。いかに安全で体に優しいかというところから商品選びをすることが大切だと思っています。

 

使用感はイマイチでも身体に良い物を選びたい!そんな方から愛される界面活性剤不使用の商品の口コミはこちらから☆