界面活性剤不使用の商品の口コミ

せっけんシャンプーで気持ちも贅沢なシンプルライフスタイルを。

1 エコを考えて、そして何よりも自分の健康の為にも、界面活性剤不使用のシャンプーを使うことがおすすめです。

 

 

界面活性剤入りのシャンプーなどを家庭で使うと、その水は下水を通って、結局は海に流れ出て、自然界には還っていかない物質となってしまうのです。界面活性剤入りの商品だと、使い心地がよかったり、汚れを強力に落としたりという、一見、魅力的ではなるのですが、そのような物質をシャンプーや洗剤などで身体に触れて使うことは、本当に良くないことなのです。自分の身体、家族の健康を願うならば、界面活性剤不使用の商品を積極的に選ぶべきです。
例えば、シャンプー。毎日、毎日、ずっと使い続けているものですね。頭の毛穴は、人間の身体の中の毛穴で一番大きなところだって知っていましたか?そこから界面活性剤のシャンプーがどんどん吸収されていくと、シャンプーの成分は特に女性の身体には少しずつ少しずつ蓄積されて、婦人科系の臓器の中にも浸透してしまうということを聞きました。シャンプーのようなものは、身体に入っても問題ない成分のものを選ぶべきなんですね。
赤ちゃんとかの体に入ると思っただけで怖くなります。。。

 

2.おすすめの界面活性剤無しのシャンプーは…?

 

 

おすすめのシャンプーは、パックスナチュロン(太陽油脂)です。
界面活性剤不使用、その他合成酸化防止剤、防腐剤不使用、着色料無添加。せっけんの主原料にヒマワリ油を賜与している植物性せっけんシャンプーです。この安心な成分はもちろんですが、おすすめポイントは、オレンジ、ラベンダー、ローズマリーなどの精油を原料にしていてい、香りがやわらかなシトラスフローラルであるところです。そして、そのパッケージのシンプルでキュート・シックなデザインもとても好感持てます。ナチュラルでハイセンスな感度の高い方なら、このシンプルなアイテムをライフスタイルに取りりいれたくなるでしょう。

 

3.せっけんシャンプーの使い心地は?

 

 

せっけんシャンプーの使い心地は、最初は気に食わない…という方も正直、多いのです。地肌が本当にさっぱりとして、余分な皮脂汚れを落とし去り、とっても気持ちが良いのですが、髪の毛じたいは少しパサパサした感じになることが多いと思います。でも、シャンプーを使って、しっとりするということこそが、余計な成分が入っている証拠なのですから、比較することをちょっと我慢した方がよいでしょう。パサついた感じがしても、同じくパックスナチュロンのオイルや、オーガニックのアルガンオイルなどをドライ後の髪の毛に少しつけてなじませると、本当に気持ちよく髪の毛がしっとり落ち着きます。オイルの栄養分も浸透し、香りや効果で気持ちまでリラックスするのですから、ヘルシーなのにとても贅沢な気持ちになれますよ。

 

 

せっけんで洗う

 

そもそも界面活性剤という言葉すら知らなかったのに「せっけん」に興味を持ったきっかけは読んでた雑誌に載っていたエッセイだったと思います。地球環境を考えて合成洗剤は使わないという内容のエッセイマンガ。特にそこまで地球の事を考えていたわけではないけど自分もやれるならやってみようかなという程度の軽い気持ちだったと記憶しています。
エッセイで勧めていた方法は、粉せっけんは溶けにくいから目の細かい洗濯用ネットにいれて洗濯するといいというものだったので早速100均でネットを買っていくつかのメーカーの粉せっけんを試しました。その中で一番溶け残りが少なく近所のドラッグストアでも安定して購入できるミヨシを選択。それと合わせてネットで評判の良かった地の塩社のアルカリウォッシュも購入。

 

 

バスタオルなど汚れの少ないものはこのアルカリウォッシュだけで洗えるので地球だけでなく家計にも優しいです。今まで何度洗っても外で天日干ししても消えなかった衣類の臭いがすっきり消えた事、毎回手洗いしていた女性用下着からも黒い汚れ水が出てきた事、とても衝撃でした。それからは無理をしない範囲での脱界面活性剤を心がけています。
食器の洗剤はどれだけ水ですすいでも洗剤残りがあると聞いて、地球に優しいなら体にも優しいだろうという事でミヨシの食器洗い洗剤へ。
頭皮から浸透する薬害も見過ごせないと聞いてせっけんシャンプーへ、これは特にメーカーを決めず使い切った時に買いに行ってそのお店にある商品を適当に買っています。中にはせっけんシャンプー自体取り扱ってないお店もありますが、せっけんシャンプーはどのメーカーを使っても使用感に満足できる印象です。特に男性は髪が短いからひっかかる事もなく快適なようですね、頭皮がきゅっきゅというくらいキレイに洗えるのも気持ちいいです。

 

生活の全てを非界面活性剤にするのは難しいですが、できる範囲で無理なく続けるのが長続きするコツではないかと思います。
また界面活性剤不使用の洗顔ランキングで徹底的に調べるのもありです!

 

管理人もここさんが結構真剣にオススメしてます!